ブキジャリル

概要: 

クアラルンプール市街から約20km南に位置し、「国立スタジアム」の街として知られる。KL国際空港へのアクセスは良い。 アッパーミドルの中華系ローカルの居住者が多い地域。ブキジャリル・ゴルフコースやブキジャリル・リクリエーション・パークがあり、グリーンが豊富な住宅地である。 また、マレーシアトップの医学大学であるIMUや研究所もある学園都市でもある。 クアラルンプールの公共交通インフラ拡充計画にともない、既存のLRT(私鉄)「アンパンライン」が延長され、ブキジャリル西側にもいくつか新駅が誕生する。ここが再開発地域として注目されている。 不動産価格は、市街の1/3~1/2程度の水準でまだ割安感が強い。
地区(J): 
ブキジャリル
スリぺタリン

↓「マレーシア不動産ナビ」を「いいね!」と思う方は、是非クリックを!