Kuala Lumpur(KL)

一口コメント: 
高級住宅f地バンサーながら最安水準賃料が魅力
地区: 
専有面積(sf): 
624sf
寝室数: 
1+1
月額賃料(RM): 
RM2,000
一口コメント: 
日本人駐在員テナントが入居中のオーナーチェンジ物件
地区: 
専有面積(sf): 
1,550sf
寝室数: 
3+1
売値(RM): 
RM1,100,000

アンパン

地区: 
概要: 
アンパン西部はクアラルンプール都心に近く、大使館が多い高級住宅街。東部は韓国系住民が多く下町風な雰囲気。アンパン地区は日本人の居住は比較的少ないが、この地区にインター校が比較的多いため、教育移住目的の家族には人気のあるエリア。

TTDI

概要: 
TTDI、バンサーウタマ、トロピーカーナはクアラルンプール西側に位置する自然の豊富な高級住宅地で、アッパーミドルの中国系マレーシア人が多く居住する。バンダーウタマの「ワンウタマショッピングセンター」には大型イオン店舗が入居しているため、周辺に日本人も多い。トロピカーナにある「トロピカーナ・ゴルフリゾート」は、日本人にも人気のゴルフコース。TTDI、バンサーウタマにはMRT1号線が乗り入れ、新駅ができるため、公共交通アクセスは向上する。

タマンデサ

地区: 
概要: 
元来地元中級階級が多く居住するローカルな住宅地だが、日本人会やミッドバレーに比較的近く、物価も比較的安いことから、日本人ロングステイヤーや日本人駐在員も多く暮らす。ただし、鉄道駅は近くにないため、バス、タクシー、自家用車を利用する機会が増える。不動産物件は総じて古いものが多く投資の対象になるものは限定される。ただし、日系企業が管理する「OBDガーデン」は古いながらも管理が良く行き届いているコンドとして知られ、賃貸需要は強い。大型のホーカーサセンター(屋台村)があり、ここでは日本人も多く見られる。

ミッドバレー

概要: 
ミッドバレーは東洋一の規模と言われる「ミッドバレーメガモール」、それに隣接する高級モール「ガーデンズモール」を中核とした地域。ミッドバレーメガモールには日系スーパー「イオン」の大型店舗が入居しており、また、伊勢丹、ダイソー、ユニクロ、無印良品など日系ショップが多数入居していることから、日本人に最も人気のモールになっている。メガモールに隣接したコンドに「ノースポイント」がある。またミッドバレーから徒歩5分程度のタマンセプテに日本人会もあることから、周辺のコンドには日本人が多く居住している。ミッドバレーKTM駅(KLセントラルの隣駅)もあるため、公共交通のアクセスも良く、車を運転しない日本人には住みやすいエリアと言える。ミッドバレー周辺に、「バンサーサウス」「KLエコシティー」などの再開発地域があり、副都心的存在のエリアとなってきている。
一口コメント: 
バンサーショッピングセンター裏の人気物件
地区: 
専有面積(sf): 
1,350sf
寝室数: 
2
売値(RM): 
RM1,180,000
一口コメント: 
ツインタワーまで徒歩5分、2駅利用の便利な立地
地区: 
専有面積(sf): 
625sf
寝室数: 
Studio
月額賃料(RM): 
RM3,300
一口コメント: 
高級住宅地モントキアラの隣町の割安物件
地区: 
専有面積(sf): 
1,719sf
寝室数: 
3+1
売値(RM): 
RM1,108,000

↓「マレーシア不動産ナビ」を「いいね!」と思う方は、是非クリックを!